医療 ON×OFF

アクセスカウンタ

zoom RSS 在宅ケアシステム

<<   作成日時 : 2017/10/06 09:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、医師会の主催する会議に参加してきた。在宅にシフトする段階で、医療関係者と介護関係者が共に情報を共有する(ネットの上で)システムを帝人ファームなど大手が発表していた。私たちは、当初から在宅マッサージを始めるにあたりその必要性を予測し、zamシステムと命名し活用してきた。
勿論、社内だけの見える化システムなので、医師やケアマネさんには3ヶ月ごとの報告書という形で紙ベースでの報告に留まるが、しかし1人の患者様をめぐる情報を共有するという事では社内的には共有できている。それを外部まで巻き込もうとすれば、クラウドを利用するとかセキュリティの問題とか色々面倒な関係が出てくる。私たちのシステムを作るにあたり、6年前の事だったのでクラウドとかセキュリティは本当に大丈夫なのか不安だったので社内独自のvpnを敷き事務所に戻ってこないとデータの送信を出来ない様にあえてそうしていた。さてはて、クラウドを使う事が主流になればそろそろ考えてもいい時期かもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
在宅ケアシステム 医療 ON×OFF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる