夏休みとしての休暇

昨日、厚木の玩具ミュージアムという名前の旅館に泊ってきた。自分で仕事をしていると、いつも仕事の事を考えているので、特にどこからどこまでが休みかが区別がつかない。しかし、家族と犬の事もあるので息子に1泊してもらい犬の面倒を見てもらい夫と一緒に近場の温泉に入ってきた。トロン温泉で人工的なものであったがなかなかいい温泉で肌がぬるぬるしてすべすべになった。名物女将(もう81歳になる)の話を十分堪能し、また料理もなかなかおいしい懐石料理だった。おかみの亡くなったご主人が通産省(現在の経済産業省)の役人で地方に出張が多くそのお土産として集めた玩具が沢山展示してあった。どれも年代物でたぶんもう手には入らないだろう。戴いたお酒はタレントのダイゴの実家が作っている清酒でそこでしか手に入らないという貴重なものを戴いた。フルーティーでワインのような香りで久しぶりにリフレッシュできた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック