高齢者の介護

私は、高齢者の介護に関わっているが最近特に思うことがある。それは、介護する側がその介護する人の歩んできた人生ときちんと向き合っているかということである。今は、老人となっている人の人生はどんな物だったのか、またその方はどのような考えや信念に基づいて生きているのか、などを考えることなく介護してはいけないのである。とかく、目の前の老いた方を見て(人は見た目で判断することが多い)向き合うことで、老人扱いすることはもしかしたら失礼なことなのかもしれない。人生の先輩として介護する側は向き合わなくてはならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック