人権という美名のもとに犯罪が横行している

相模原で起きた障がい者殺傷事件で、自民党議員の山東氏が「犯罪を予告してきたものとか性犯罪を何回も繰り返す者にGPSを人体に埋め込むべきだ」ということを発言したことが話題になっている。私もそう思う。しかも、以前から大麻反応が出ているのだからなおのことだと思う。人権団体や過去の悲惨な歴史とかもちろんそのような状態に戻るのはいけないとは思うが、過去の悲惨な歴史を逆手にとって今度は逆の方向にに進もうとしているのではないだろうか。国民の間に議論ができる状態にしないと、またこのような問題が必ず起こるような気がしている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック