アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「感想」のブログ記事

みんなの「感想」ブログ

タイトル 日 時
断食体験
伊豆高原にある断食道場に行ってきました。半断食で1日2食だけ。しかも玄米とおかず少々。食事というものを根本から見直すいい機会でした。また、自由時間が多く、食事の時間とマッサージの時間以外はすべて自由。温泉もついているので入り放題。でも、血糖値が下がりすぎないようにしないといけないので、それには気を付けましたが・・・・ でも、その甲斐あって1キロ減に成功。自律神経はかる機械で自律神経も整いました。本当にリフレッシュできました。 日頃どれだけ交感神経を酷使しているかがわかり、楽にリラックスできる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/25 12:25
新年度に向けて
2月も半ば過ぎて、新しい期が始まる季節となりました。季節は巡って梅が咲き、桜の便りも聞こえてくる頃だと思います。 年とともに年々一日一日が早く感じると言われます。それはなぜかと考えますに、子どもの頃のような新しい出来事がそう頻繁にないからではないかと思います。子どもの頃は、何もかも始めての事だらけです。 年を取ると、経験した事が増え新鮮さが失われます。 脳も新しい出来事には反応しますが、そうでない事はあまり脳が働かないと聞きます。 人間は、新しいこと慣れてないことは嫌がる傾向にあるそうで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/19 09:38
恩師の死
在宅でお世話になっている訪問医が11月17日亡くなりました。62歳。若すぎます。心筋梗塞だそう。忙しすぎたのか、人のために奔走した人生で、短距離走のように駆け抜けてしまわれました。ご冥福をお祈りいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/12 09:15
親は子の鏡
お盆休みを利用して、孫が遊びに来た。4歳になる孫は、色々おしゃべりをしてくれる。ごっこ遊びや絵を描くことが大好きだ。遊びの中で、質問をすると自分の頭の中で言葉を選び答えようとしてくれる。わからないことは、わからないときちんと応対してくれる。大人の中には、わからないことをはぐらかしたりすることもあるかと思うが、孫の真摯な態度に感心させられた。きっと、息子たち夫婦が子供の質問にもきちんと向き合っているのかなと想像した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/19 20:53
猛暑に伴い
今年の夏は、とにかく暑い日が多い。仕事で、車を使う事が多いが、車の中が40℃になる時もある。 気象庁の発表によると10月くらいまで暑い日が多いという。よく、南の国の人は北の国の人に比べると勤番な人が少ないと言われる。それも分かる気がする。暑いと、思考能力も低下してくる。冷房もより良く使うと良いのだが、冷房の効いた部屋から外に出てまた冷房のある部屋に戻る。この繰り返しが、体調を崩す原因となる。幸い、食欲は落ちていないのでなんとかこの猛暑を乗り切ろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/29 10:06
又、悲しい出来事
幼児虐待、また起きてしまった。児童相談所に2回保護されたにもかかわらず、親の元に帰されて結局死亡してしまった。児童相談所の権限をもっと増やす事は出来ないのだろうか?戦前は、強制的に障碍者は不妊手術を受けさせられた事実があるが、そこまでの強制力はいらないが怪しいと思ったら暫く親と隔離させるくらいの事は出来ないのであろうか?子どもの懇願する手紙が涙を誘う。私にも同じ年くらいの孫がいるので 心が痛い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 16:02
次男の結婚
昨日次男の結婚式があった。10年付き合ってい居た人との結婚式だった。友達や親類に囲まれて幸せな時間だった。子供2人の結婚が済み、親としての務めが終わり、ほっと一息という感じだ。もうあとは、お嫁さんに任せ、自分の人生を楽しんでいこう。(なんて今までも楽しんできたよね) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 20:00
子供の成長
早いもので、孫の保育園の終業式が先日あった。昨年の終業式には親に抱かれて泣いていたのに、1年たった今年は泣くことなく先生から終業証書をもらうことができた。1年の成長は著しい。彼女なりの成長を喜ばしく思うとともに、成長を見させてもらってとっても嬉しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 21:15
新しい期の始まり
今年の冬は暖冬であったが、それでも年々冬を越すのがつらくなるような気がする。若いときは、季節の変わり目とか気にしたことがなかったが、さすがに60歳をまじかに迎えようとしていると体がいやおうなしに気温の変化の急激な高低に敏感に反応している。この時期、花粉症に悩まさされている人もいるとは思うが、いまのところその心配はない。三寒四温という言葉とおり寒さと温かさが交互にやってくる。4月は始まりの季節でもあるのでそれぞれに新しい環境を迎えようとしている人もいるかと思う。気温の高さとともに気分も高揚し、新し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/28 14:25
テレビのコマーシャルの傾向
先週、風邪を引き家でゆっくりしている日が2日続いた。あまり病気らしい病気をしないので、久しぶりにゆっくりしていて、テレビを付ける事が多かった。所々に流れるコマーシャルの傾向を見ていると、健康と美容が大半を占めている事、特にサプリメントと美容クリームが殆どであった。そんなに需要がある物なのかと不思議になる。以前、通販のテレフォンインストラクターをやっていたひとに聞くとお年寄りが大半で何回も同じ物を買っていくひとがいたそうだ。元気なお年寄りがもっと他に目を向け社会の役に立つ方法は無いものかと改めて思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 09:15
今年はどんな年?
自分のやって来た事を振り返ると、一番幸せを感じるときは、仲間と過ごす時間と家族(特に孫)である。やはり、今年も人との輪をつくりながら過ごせたら良いなと思うこのごろである。人との交わりは、時として自分の意にそぐわない出来事に出会う事もあるけれど、それ以上に解り合えた時の喜びの方が大きい。会社でも家庭でも人との繋がりは仲間という概念があれば、違法な残業を強要したり、不用意な言動をしてしまったりは無くなると思う。ひとつの志に向かって今年も過ごせたらいいなと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 09:10
2歳児の女子発見
嫌な事件が続く中、嬉しいというかほっとした事件があった。親が5分間目を離している最中にその子どもがいなくなり、山の中で発見された。同じような歳の孫を持つ身としては21時間のなかその子がどうやって過ごしていたのだろうかとかとても怖かっただろうとか色々考えると切ない気持ちになる。とにかく好条件が重なった。気温が高めだった事。見つかった所が左右木に囲まれ風が通りにくかった事、などなど。2歳児等を持つ親は、同じくらいの子を持つ親の気持ちが痛い程わかり辛い事件ではあったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/07 11:53
師走に向けて
今年も残り少なくなってきた。なんとなく気ぜわしくなってきているが、今年の後半は、高齢者による交通事故が目立つような気がする。確かに、地方に行くと車でないと移動手段がない場合が多いところもある。生活を維持するうえで大切ではあるが、高齢者の多くが、日用品の買い出しと病院へ行くために使っている。買い物は、移動販売車が地域を回るとか病院も地域を巡回するようなものがあるといい。どうにか、そのような事故を防ぐ方法を考えないと高齢者の交通事故を減らせないと思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/28 17:48
孫の成長
私の孫は、もうすぐ3歳になろうとしている。最近は、いろいろのことをしゃべって面白い。保育園に行っているのだが、保育園の大好きな先生がお休みであった日に「綾香先生、働き過ぎじゃない?」といったそうだ。どこから覚えてくるのか、またこの間は風邪をひいて熱があったとき、「アイス食べる?」と聞くと「冷たいからやめとく」と答えた。女の子は言語能力が高い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 20:27
サービスの質
昨日、久しぶりに駅前のラーメン屋さんに入ろうとしたところ、一人だったのでカウンター席が空くまで外でメニューを持たされ待つように言われた。4人席は2人以上の人のために開けておくらしい。昨日は、少し風もあり寒い日だった。外で待つのが少し厳しいので、ほかの店を探そうと思い、寒さも中で外で待つのはきびしいから他を探す旨伝えると、それならば中でお待ちくださいと言われた。最初からそう言えばいいものをたぶんカウンター席がいっぱいの場合の一人客はカウンターが空くまで待たせるように指示があったのかもしれない。客の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/31 18:36
親子の信頼関係
親子の信頼関係 お盆の時期に、長男と次男夫婦と孫が家にやってきた。1泊2日の忙しかったこと。普通に仕事をしていたほうが楽だったが、それでも幸せな気持ちになれた。特に長男夫婦の親子関係を見て思ったことがある。子供と親の間の信頼関係についてだ。親は子供の言っていることに常に耳を傾け、子供も親の言っていることに真摯に考えている。その姿を見て人間関係の第一の姿だと思い、そういう関係でいる息子たちを誇りに思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 14:53
人権という美名のもとに犯罪が横行している
相模原で起きた障がい者殺傷事件で、自民党議員の山東氏が「犯罪を予告してきたものとか性犯罪を何回も繰り返す者にGPSを人体に埋め込むべきだ」ということを発言したことが話題になっている。私もそう思う。しかも、以前から大麻反応が出ているのだからなおのことだと思う。人権団体や過去の悲惨な歴史とかもちろんそのような状態に戻るのはいけないとは思うが、過去の悲惨な歴史を逆手にとって今度は逆の方向にに進もうとしているのではないだろうか。国民の間に議論ができる状態にしないと、またこのような問題が必ず起こるような気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/28 21:19
孫の訪問
連休中、孫娘が我が家を訪問した。海を見るのは初めてのことなので、どんな反応を示すか楽しみだった。連休の初めの土曜日曜に1泊した。土曜日はとても強い風で海が荒れて海岸に出ると砂が吹き付けて前が見えないくらいだったが、孫は持ってきた砂遊びの道具で遊び始めようとしていたが、流石に顔や口に砂が入るので退散して近くの公園で砂遊びをすることにした。砂遊びが大好きで、し始めると1時間くらい没頭して遊ぶ。だいぶ言葉を発するようになって聞いていると色々なことをしゃべり面白い。保育園での様子もお話してくれた。スキッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 05:29
高齢者の介護
私は、高齢者の介護に関わっているが最近特に思うことがある。それは、介護する側がその介護する人の歩んできた人生ときちんと向き合っているかということである。今は、老人となっている人の人生はどんな物だったのか、またその方はどのような考えや信念に基づいて生きているのか、などを考えることなく介護してはいけないのである。とかく、目の前の老いた方を見て(人は見た目で判断することが多い)向き合うことで、老人扱いすることはもしかしたら失礼なことなのかもしれない。人生の先輩として介護する側は向き合わなくてはならない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/11 21:19
次男の結婚
次男が、長い間付き合っていた彼女と結婚することになった。8年越しのお付き合いで、どうなることかとひやひやしていたのが正直なところである。昨日、両家がご挨拶し会食して正式に結納を交わした。お食事しながら、話題は親の介護の話。彼女のご両親もその両親の介護で大変だったという。やはり、認知症になってしまい、徘徊をしていてどうしようもなくなって結局は施設に入れたらしい。先日の徘徊老人の裁判は、行方を気にしていたらしいが判決は当然といっていい結果に終わりほっとしたそうだ。2025年には、団塊の世代が75歳以... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/20 21:55
香道
北鎌倉にある東慶寺(縁切り寺で有名な)で、公開講座が開かれている。私は以前から「香道」に興味があり一度やりたいと思っていた。ネットで調べたら第2日曜日に体験ができると書いてあり、早速申し込んでみた。15人くらい小さな庵に通され、志野流という流派の方が教えてくれる。小さな香木は1グラム3万円という高価な物らしい。でもその1グラムを50回にわけて使うそうなのでざっと計算すると1回の使用に600円くらいである。日本人の侘びさびの世界観はすごい物があると思う。そのほんの少しの量のものを嗅ぎ分ける遊びをす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/13 20:52
脳科学
息子の勤めている理化学研究所の一部がテレビ放映された。脳神経についての番組だ。記憶という人類最後の未開発分野であるそうだ。よくトラウマということについての各種色々な意見があるが、その研究ではいやな記憶を消し去ることができるかもしれないというSF映画にでてきそうなことをやっていた。化学もここまで来ているというなんとも複雑な気持ちだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/06 21:04
断食体験
先日テレビでやっていたプチ断食体験をしてきた。場所は、伊豆高原の真ん中大室山の近く。2泊3日の体験であったが、心と体がすっきりしたような気がする。1日目と2日目の真ん中まで、水とお茶だけの断食で、あと回復食が出てくるがおかゆなど胃とおなかに優しいものだ。お正月の太った分を元に戻すのと長年の蓄積が少しでもと思い参加したが、なかなか面白かった。思ったほどつらくなくすごすことができた。回復食を食べて感じたのは、お米の甘みと食感だ。断食した後は、味覚が鋭くなるらしい。そこに来ている人に色々聞いたが、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/28 16:11
職業の貴賎
私は仕事柄マッサージ鍼灸師と接する機会が多いが、まだまだ世間からの目はあまり、よいほうではない。医者よりは下だし、この間は看護婦さんとどうかという背と際のせめぎ会いがあった。どちらかというと、看護婦さんは医療系のイメージが強いが、どうしてもマッサージ師は慰安的なイメージがぬぐいきれない。でもマッサージ師が看護婦さんより特別な資格をもっている場合などは、どうしてもその技術的なことを教えてもらう際したでに出なくてはならない。でも普段看護婦さんはマッサージしよりも上だと考えている方が多いから、その態度... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/06 17:11
インターネットの力とは
今年もよろしくお願いいたします。ネット社会のもたらす有害と利便性。どちらが影響力が強いのでしょうか?昨年、ISのもたらしたテロ事件はまさにネット社会の有害の面を多く出ていた現象である。今までは、社会からドロップアウトされていた人々は沈黙することなく、ネットの力を借りて声を上げ、暴力という形で表現することができるようになってきた。違う形でその力を生かすことができないのであろうか?人や富に対するねたみや僻みその感情はいつの場合も消化しずらい。人の感情を旨く消化できることができれば多くの事件は解決でき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/01 21:20
本当の親孝行とは
今年、実の父親が89歳でなくなった。私は今年を振り返るとき、本当に親孝行をできたのかどうかを考えてみる。父親は、本当に幼児のような人で私たち兄弟にわがままばかりを言ってきた。それにすべて答えることはできないので、諌めることも多々あったが、今考えると私も弟もそれなりに社会人としてやっていることを父としては十分観ていたのではないかと思う。その上でわがままを行っていたのではないかと思われるが、子としては親に迷惑を掛けずに暮らしていることが本当の親孝行ではないかと思う。私が息子2人に対して成長した彼らを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 15:20
良い事と悪い事は交互にやってくる
ことわざにもあるが、良い事と悪い事は交互にやってくるのが最近痛感した。その原理原則がわかっているから、悪い事が来たらそのうち良い事もあるよと身構えていられる。年を取って人生に対する余裕みたいな物が出て来たように思う。若い頃はこんな考え方する余裕はなく、その場をしのぐのが精一杯だった。それは、体力的には若い頃には叶わないが、そういう意味で年を取るという事はすばらしい事なのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/16 10:30
年末に思うこと
いつもは1年が早いと感じることの多い年末だが、今年は1年間でいろいろなことがあり、なかなかの年であった。5月には89歳で父親が亡くなり、6月には渡米し、9月には息子が帰国して引っ越しでドタバタしそして12月を迎えることになる。いろいろあったが、健康で暮らせることは本当にありがたい。もしかすると、40代より元気かもしれない。40代は何かと更年期障害てきな体の不調があったが、年を取ると気分の切り替えの方法などストレスをうまく乗り切る力がついてきたように思う。さて、来年はどんな年になるのやら・・・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/09 12:56
アンパンマンは永遠に
アンパンマンは永遠に 孫がアンパンマンが好きらしい。アンパンマンのイスにアンパンマンのぬいぐるみを座らせてごっこ遊びの写真を送って来た。子供が小さいときにアンパンマンはよくテレビで放映していた。久しぶりにアンパンマンを見てみた。アンパンマンのどこが凄いというと、自分の顔を困った人に差しだす所だ。自分の顔はアンパンなので、食べる事が出来る。ちぎってお腹の空いている困った人に差し出す。漫画の中で子供にボランティアの事を教えているように思う。世知辛い世の中だが、こんなにもロングセラーになるからにはそこには秘密があるように思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/30 17:50
ストレスのはけ口
最近の事件は、ステレスのはけ口を他人に向ける物がやたらと多いように感じる。人を傷つける事で自分の欲求不満を解決しようとする物である。子供のときの教育なのか、はたまた最近よく言われる食べ物の影響なのか、とにかく物騒な世の中である。こちらとしてはどのように気をつけていいのか途方に暮れるが、そういう人は、自分も大切にしていないのではないかと想像する。それと余裕のない世の中の動きが加味しているのか。弱いもの弱い物にストレスを発散する事は、特に動物に対してはやめてほしいと切に願う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 08:38
人のつながり
いつも思うことがある。人と人がつながっている安心感があれば、世界は平和になれるのではないかとだ。人と人のつながりが希薄になってくると人は気持ちがすさみよくないことも考え喧嘩や争いがおこる。その気持ちを持ち続けるためには、努力が必要になるが簡単なことは常に相手の気持ちを察することではないかと思う。子供のときから人の痛みに気づき思いやる心を育てる必要がある。ついこの間、子供が幼稚園のときの連絡ノートが出てきた。それを見ながら今は人の親になっている息子のことを思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 17:08
人生の希望
人生の希望 今日は、私の好きな言葉を記しておこうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/22 15:00
マッサージと脳の関係
昨日、たけしの健康番組で肩こりの大半は脳の誤作動が原因だとしり、改めて脳神経と人間の体の反応について考えさせられた。職業柄マッサージをする場面を見る機会が多いが、人間の筋肉をほぐすという事の他、触れられる事による安心感だったり心地よさだったりが脳に伝わり、そこでリラックスする作用のホルモンなりが出て状態を改善するのではないかと思う。科学的に証明されていないのが多いこの業界であるが、薬のような臨床実験データがあればもっと医学的に認知されると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/29 10:35
国民全体の雰囲気
安部政権が打ち出している安保法案について、国民の6割近くが反対している。ただ闇雲に反対しているのではなく、その法案の持っている意味や重要性が普段と違うと思っているから、反対しているのだと思う。どう考えても今迄以上に危険性が増すと思うし、戦争に加担する事は明白である。戦争とは皆の意識が正常な状態ではなくなるから、どこ迄が安保の範囲かをいちいち聞くような事が自然となくなるのではないかと懸念している節もある。とにかく、危険な方向に行っている事は確実な気がしてならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/22 10:53
安保法案
安部政権が押し進めている安保法案。なぜ、この法案が性急に押し進められているのであろうか?国民の理解を十分に得られているとは思わない。世の中の景気が上向いて来たので、その実権を握っている政党は何をしてももよいというのであろうか?憲法違反だとも言われているこの法案は、あきらかに今ある自衛隊の活動の範囲を広げ、場合によっては戦死者が出る事も予想される。自衛隊員の家族は、お国の為ならばと家族を送り出すのであろうか?それは、第2次世界大戦のときとそう変わりはないように思う。数の論意で押し通されてしまうので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/15 09:54
ゴールデンウイーク
毎年、この時期になると行楽地は賑わいを見せ、国民全員が休暇モードに入る。本当にいい季節だ。連休があると、子供が小さい頃はどこかへ連れて行くのが恒例だったが、夫婦二人となるとどこかへ行くという予定よりは、普段できないことをするのがとても贅沢な気持ちにさせてくれる。それと同時に、今年は防音工事が入っているのでいらない物をほとんど処分し、部屋が綺麗になっている。この状態を続けたいとは思うが、ものを買わないということは、必要最低限の物をそろえておくという整理整頓の基本かな?とも思う。いらない物を捨てると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/28 22:34
痴話げんか
今日は、久しぶりに寒い雨の中忙しく銀行にいかなくてはならず最寄の駅をうろうろしていた。そんな中、女性の大きな泣き声がして振り返ると、付き合っていた男の人との別れ話を大きな声でしていたかと思ったら「もう会えなくなるの?」と泣き声で叫びながらその男性にすがっていた。それだけでも、白昼堂々みせものなのに、その傍らにその女性の母親が寄り添って娘とたたずんでいる。その娘が、「お母さんも何とか言って・・・・・・・」と大きな声で言うものだから男性も困り果てていた。母親がなぜそこに一緒なのか?それも不思議だった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/26 21:52
ビデオチャット
アメリカにいる孫とスカイプのビデオチャットで楽しんだ。本当に便利な世の中であるとともに、ネット社会の良い点ではとても優れている。しかし、色々な事件が起こる中、企業のクレームなどは複雑多義にわたっている。人間のうわさは、良いことよりも悪いことのほうが広まりやすい。「悪事千里を走る」ということわざがあるが、そのとおりである。NHKの特番でやっていたが、SNSなどの書き込みやフェイスブックなど良いほうに転がればよい方法かもしれないが、逆はとても怖い。異物混入などいま企業が抱えている問題は、今まで口に出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/16 19:51
2月の最初に
イスラム国の人質問題は、悲惨な結末を向かえ国民全員が重たい気持ちになっていると思う。気の違っている人たちに正義は通用しない。悪意を持ってきている人には善意は勝てない。いつもそう思う。悪意を持っている人には悪意で対抗するしかないのか?善意は、ことごとく裏切られる。私もこの5年間そのような気持ちを何回も味わってきた。「正義は勝つ。」と歌にはあるが、正義で正当論を振りかざしたところで無力を感じる。駆け引きに慣れていない日本国は駆け引きをもっと勉強したほうがいい。結局、この10日間政府も仕事が手につかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 19:42
孫の1歳誕生日
息子の子供が1歳を迎える。アメリカでの初めての育児、大変の連続だったに違いないが無事お誕生日を迎えることができた。まだ、歩くことはできないらしい。ハイハイもしないで、お尻ではいずり回っている。先日、スカイプで連絡を取ったとき人見知りで慣れるまで30分くらいかかったが、最後には遊んでいる姿を見ることができ満足満足!親はまだ孫が歩くことができないので心配しているらしいが、赤ちゃんにも色々なタイプがいるからその子なりの発達の仕方があるのでおばあちゃんは第3者の目で見ることができる。2世代で昔は一緒に住... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/24 23:04
添い寝ビジネス
米国で「添い寝ビジネス」なるものがあるそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/12 19:09
今年をふりかえり
今日が12月22日なので後今年も8日となり、今年を振り返ってみる。なんと言っても、私にとっては孫が生まれた事がビックニュースである。事務所に孫の写真を貼っているのだが、スタッフの皆さまにも喜んで頂いていて、先日お客様からのクレームをちょうだいした際にも、その写真が慰めとなったようだ。よく、犬とか猫を事務所に連れてきてそこのスタッフを和ませていると聞いたことがあるが、まさにそんな感じでである。 息子は小さい時よく熱やらぜんそくの発作をおこし本当に大変だったが、今こうして息子の子供に助けられている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/22 14:57
優れものの数々
世の中には、優れた品が数々あれど最近驚いたものの中にタイガーから出ている「スープカップ」というものがある。タイガーが出しているものであるので何か保温することをイメージされると思うが、これがなかなかの優れもの。その容器の中にお米50グラムとそのカップいっぱいの熱湯を注ぎ、ふたをして保温し4時間くらい経つとおかゆになる。最初作ったときにはびっくり!孫に送ってあげたら大変喜ばれた。(今離乳食でおかゆつくりが大変らしい)汁物などそれに入れておくと最後まで暖かく飲めるので寒いこの時期にぴったりである。値段... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/09 22:38
夜会
中島みゆきの「夜会」に行ってきた。前から一度行きたいと思っていてかなり期待して行った。の、割には期待以下であった。(公然と言っていいのかわからないが>>>)場所は、六本木のアクトシアター。前に、歌舞伎を見に来たところである。中高年の方たちでごった返していた。先行販売で、2万円もしたのである。人それぞれ感じ方が違うので、わたしにはあまり響かない内容だったかも知れない。中島みゆきの関係者の方々すみません!!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/07 21:08
久しぶりの再開
1年ぶりくらいに、知り合いと再会した。その方は、前の会社を辞めて地元にユーターンして地元で働いている。その地元の会社が医療関係の会社だったので、久しぶりに会うことになった。前は、東京まで電車で2時間かけて通勤していたので、本当に時間の余裕ができて人生が変わったとおっしゃっていた。1日の中で、4時間と言う時間を丸々通勤に費やすと言うことだから、1日8時間は寝ているとしても16時間分の4時間活動している時間の4分の1が電車に揺られている計算。確かに、都会に出ることも大変だけれどその時間をどうすごすか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/20 17:52
友人のがん
今日、古くからの友人が胃がんであることがわかった。その人は、医療関係者なので冷静に受け止めているようだが、わたしより若いのでショックだった。その方の父親もがんで、早くに亡くし母親と2人くらしである。父親ががんで亡くなっているので、お母様の心配はいかばかりかと思う。しかも、お父様はがんとわかってから長くは無かったと聞く。昔と今とは治療法も違うし医学は進歩しているとはいえ、本人の心配と驚きは並では無いように思う。早々に手術をするそうなので完治する事を切に祈る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 21:35
命をつなぐ
孫が初めて言葉を発したらしい。「パパ」と言ったとか。まだ9ヶ月なのに結構早いと思う。しかし、ママではなくパパと言ったと言うのだから息子も父親冥利に尽きると思われる。最近、年とともに命がつながれていく実感を感じるのだ。孫ができ、その孫が大きくなっていく。遺伝子が脈々とつながっていく。自分の子供が小さいときは、育てるのが精一杯でそんなこと感じる余裕も無かった。しかし、第3者的な目で見ていると本当にそれを実感する。何物にも変えがたい幸せなのだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/11 21:27
おれおれ詐欺
義理の父のところに、オレオレ詐欺の電話がかかってきた。怪しいとすぐに気がついたので、私のところに確認の電話をしてきたので、大事にはいたらずに済んだ。日頃からのコミュニケーションが大事な事のひとつであると思われる。自分一人で済ませようとせずに、何でも気軽に聞けるような雰囲気を作っておく事が何より肝要である。事なきを得たが、なかなかこの手の詐欺がなくならないのは、なんとも嫌な世の中である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/03 15:42
中学校の同窓会
中学校の同窓会 35年ぶりに同窓会が開かれて、参加してきた。皆、それぞれに年をとっていたが、面白いことに癖などは昔のままだった。色々な人生を過ごしてでもこうして同窓会に出席できたことは、皆一様に幸せだからかなと思いながら、また、会える日を楽しみにしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/29 07:57
愛犬の死から
2週間あまりが経とうとしている。今日もお墓参りに行ってきたが、やっと犬のいない生活に慣れてきつつある。確かに、散歩やご飯やりが無い分自由に動けるが時々無償に寂しくなることがある。何とも言えない気持ちなのだが、今迄の人生の中で初めて味わった感情かもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/08 15:50
愛犬の死
10年生きた我が家のグレートデンが息を引き取った。いつものように夕方散歩をしてご飯をあげて、少し目を離している間のことだった。12日に一度倒れているが、持ち直したので様子を見ていたが、大きな犬は心臓があまり強くないらしくなんとも突然の死であった。犬のいない生活は、20年ぶりくらいなので自宅に帰宅したときに出迎えてくれる犬がいないのがなんとも寂しい。でも、慣れていくしかないのかな?たぶん、もう犬は飼わないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/28 06:30
広島の災害
最近の日本は、豪雨による災害が増えている。地球温暖化の影響もあるとは思うが、自然の驚異をあまりに軽く見ていることが大きな災害を招く要因ではないかと思っている。私は、藤沢に住んでいるがここも東北の地震災害があった直後、津波の心配で引っ越す人が多く出たが、3年も過ぎるとのど元過ぎると何斗やらで新しい家が建ち始めている。日頃の注意と地域との連携がとても大事だと感じている。近所にどなたが住んでいるのか知らないようではいざとなったら助け合うことができない。コニュにケーションを取って助け合って生きていかなけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/25 10:02
息子の帰国
アメリカから息子が帰国した。孫(6ヶ月)と嫁さんも一緒の旅だった。飛行機の中はとてもおとなしくしておりこうだったが、成田について人見知りが始まったのか人の顔を観て泣きはじめる。人間が生まれてきてから6ヶ月と言う短い時間の中で親の顔(厳密には自分の世話を常にしてくれている)を覚えてそうではない人の顔と認識し泣く事で警戒心を示す。防御本能とはすごいものである。おっぱいが欲しいときは、この世の終わりかと言うくらい泣く。孫の成長にびっくりするとともにうれしい瞬間だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/14 21:25
中国の鶏肉偽装事件から
わが国の食品自給率はとても低い。そのことから、中国など他国に食品を作ってもらい供給するしか今は無い。自国での食品自給率を高めるために、地方の力を借りてはどうかと思う。地方の産業が衰退する中で、地方を活性化するひとつの手段ではないかと思う。労働力も元気なお年寄りには、単純作業を手伝ってもらいいままで中国などに頼ってきた食品つくりを自国で行えるようにすれば地方の活性化と食品の自給率アップにつながるように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/27 19:12
ネット社会の恐怖
インターネットの社会が普通になってから、どのくらいの年月が経ったのであろう。仕事や遊びが確かに便利になり、時間が短縮したがもろもろの問題で社会がゆがんできているように思う。一連の誘拐事件も、一人閉じこもりがちな中年の男性による仕業だったが、これもたぶんネット社会が関係してきていると思うし、ウクライナで起きた墜落事件にも打ち落としたことを自慢するツイッターが書き込まれたと報じられている。自分の思いもよらないところで情報が操作されて今までの暮らしが脅かされる。本当に生きにくい社会である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/22 08:28
孫の帰国
8月に息子夫婦が一時帰国する。結構長い滞在なので、やらなければならないことが山済みだそうだ。2月にアメリカに行ってから、孫に会うのは久しぶりだ。写真をメールにて送ってくるが、実際に会えるとなると恋人に会えるかのようなワクワク感を味わっている。息子夫婦が2人で出かけて孫を見てあげることもできるし、今からこうしてあげようああしてあげようとひとりで考えている。夫はまだ実感が無いらしく他人事であるが、わたしにとってはかけがえのない存在である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/06 09:29
叔母の死
先日、グループホームに入所していた叔母が9日なくなった。最後は、乾湿性肺炎だった。認知症が入っていたのでお金の管理を誰もすることなかったため、預貯金が数百円しか残っていいなかった。独身だったため甥や姪が気がついたときにはそのような状態になっていた。姪の一人が後見人の手続きをしている最中だった。葬式するにもお金が足らず、火葬とお経をあげて戒名を貰ってそれで精一杯という所であった。葬式代くらい残して死なないといけないと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/12 13:10
アナと雪の女王
話題の映画を観にいった。ゴールデンウィークの中盤、前から見たいと思っていたので、「アナと雪の女王」を観た。2Dで表情がとても豊かで、感情移入しやすい。登場人物の女性たちがとても強い意思の持ち主ですがすがしい。なぜか、女性のファンが多いというのもうなずける気がする。ミュージカルがここのところヒットをしているが、時代が望んでいるのか、「レ・ミゼラブル」もミュージカルでとてもよかった。歌といえば、前日親戚の葬式で曹洞宗の尼さんたちがお経の合間に歌(きっと違う名前のものであろう)を歌っていたが、台詞より... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/06 19:22
地方の町活性化
昨日、おばの葬儀があり地方都市に行く機会があった。そこで感じたのが、よく言われる地方都市の過疎化。半端なく10年後にはゴーストタウンになっていると思われる。行政もいろいろ手を尽くしているとは思うが、いまいち効果が無い様に思われる。そこで、私がブログを取っているある障害者のための旅行会社の社長さんが書いているブログの一部を紹介。町を活性化するためのアイデアである。 1 熱い想いを持つ若者を10人集める 2 会議や企画書より行動することが好きか、確かめる 3 目指す理想の30年後をイメージして... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/30 07:16
始まりの季節
4月も半ば過ぎとなり、新しい生活に慣れた方もまだなれない方も多いことでしょう。新しい環境に身をおいたとき戸惑いと何を頼りにしたらいいのか迷うことも多いことと思います。わたしは、今までの人生の中で直感を信じて生きてきたことが多いせいかあまり迷うことがなくこうだと思ったことはすぐにやって(時としてすぐに失敗することも多いけれど)だめだったら次に進むことにしています。だらだらとひとつのことにこだわらないのがいいといえばそうですが、その速度が時として一般的でない場合があるようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/16 21:04
叔母のグループホーム入所
母方の叔母が、2月に入院してから1ヶ月が経った頃認知症を発症していたことが分かり、急遽グループホームへ入所することが決まった。昨日は、仕事の関係もあって見舞ってきた。すっかり衰えて、気弱になっていた。91歳なので年相応かもしれないが、今まで母方の家を背負って頑張ってきたプライドのある気丈な人だった。高齢になると認知症のキッカケが入院になるとは聞いていたが、まさにその通りだった。まだ、斑にボケているので一見普通に見えるがその時によっていうことが違ってきたり、なかなか判断の難しいところでもある。1ヶ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/08 07:59
3月開始
アメリカから帰ってきて、仕事を片づけているうちに3月になってしまった。早いと思うし2月は雪に翻弄されたので、あっという間に過ぎて行った。3月も私にとっていろいろ行事ごとが多い月である。昨年お世話したカップルが結婚を決め、16日に晴れて式を挙げる。仲人として出席することになっているので、何か祝辞を述べなければならない。自分が結婚してから30年が経つので、何とか人に言える立場になったということでしょう。長いようで短い感じがするが、これから先2人の未来に善きことが多いことを願っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/02 12:13
孫の世話
アメリカに渡って、10日間孫の世話に明け暮れほとんど外に出ず、ひたすらお手伝いをしてきた。なにせ、アメリカの土地ということ、初めての孫の世話、初めての息子のアパート、電化製品も日本と違うなどなど、イレギュラーなことだらけで疲れた。しかし、孫の笑顔には癒され2人の子供を育てた記憶がよみがえり、貴重な経験をしてきた。カルフォルニアは4月の陽気で桜が満開だった。1ヶ月検診も同行させてもらい、アメリカでの病院システムやら先生とのやり取りなどなど、貴重な経験をした。しかし、老人介護の方はどうなっているのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/23 06:21
スヌーピー展
昨日、休日の最終日に六本木で開かれているスヌーピー展に行ってきた。正月最後の休日とあって大変混んでいた。しかも、昨日が最終日とあって若い人がたくさんいた。スヌーピーは、どの世代にもウケルキャラクターだ。何が皆の心を捉えるのか考えてみた。あの飄々とした態度もその一つだと思う。私も犬を飼っているのでよくわかる。昨年死んだサルーキーはまさにスヌーピーの性格と重なる。長年4コマ漫画でスヌーピーを描いてきたチャールズシュルツの美術館がカルフォルニアにあるが、是非いずれ行ってみたいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/06 06:29
献血
昨日は雨で、しかも年末の忙しい時ときているので、献血をする人が少ない。駅前で、冬場の血液不足を訴え献血の呼び掛けをしていた。私は、ずっと投薬の関係で献血をすることができなかった。しかし、針灸の先生の助言もあり、6か月前からその薬をやめている。なので、今回は10年ぶりに献血に挑戦してみた。献血ルームという街中にある施設に行き、問診・血液検査をしていざ献血。。。。10台くらいのベットがあり驚いたことに若い人が結構いる。そういうことに無関心な世代かと思いきや少しびっくりした。貧血もなく、400ミリ献血... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/27 05:14
うまく歳をとるとくこと
何にでも興味を持つということ、誰かとかかわりを持つということ、おしゃれ心を常に持つということ、常に前を向いて歩むということ、これらのことに尽きると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/24 13:54
愛犬の死
15年飼っていたサルーキーのマリーが今朝亡くなった。この犬は、ペットショップが捨てて愛護協会の人が助け、それを引き取った犬だ。捨てられたとき、足の関節から、前足が千切れそうになっていたのを町田の動物医院で大手術をして何とか歩けるようになった。3本足でいつも歩いていた。前に飼っていたゴールデンリトリバーの死を見届けて15歳まで生きてくれた。15年は、この犬種にとっては長生きである。しかも、老衰のような死に方で大往生だった。気位の高い犬で甘えべただったけれど、近所の人たちからとてもかわいがられていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/25 14:13
秋の夜長
先日は、中秋の名月で満月の夜だった。久しぶりに、小説が読みたくなり好きな作家の小説を手に取る。宮部みゆきの作がなんとなく好きだ。何がどうすきかよく言い表せないが、文章のタッチがすきというべきか。人の世のせつなさをうまく描いている。きっと耳をそばだててよく聞かないとこういうことはわからないだろうとか、よくよく人を観察しないとこういう表現はできないだろうとか想像するのがおもしろい。秋の夜長にちょうどいい読書週間だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/23 21:40
仲人経験
知り合いのお嬢さんが結婚を考えているというので、そのことが縁でお見合いの仲介をすることとなった。相手は、私の義理の父の知り合い。この連休の最初の日に新宿で落ち合いいざお見合い。私は、恋愛結婚だったので、お見合いを経験することなく今日に至るが、(息子2人もその経験はなし)自分のことのようにどきどきする。無事2人を引き合わせて解散した。その後、2人で水族館へ行ったりとてもいい雰囲気で次回の取り決めをして別れたそうだ。うまくいくといいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/16 21:07
クラス会の通知
先日、中学校のときのクラス会を開催するとのハガキが来た。同級生だからみな今年55歳となる。節目の歳だからと中学三年生のときの担任の先生もいらっしゃるとのこと。あの時、多分40歳代だと思われる先生は、今何歳になられたことだろう。たぶん、80歳代ではないかと思われる。とても、熱心な先生で、みんなを引っ張って言ってくれた先生だ。お元気なこととお聞きし、なによりである。またひとつ歴史を感じる瞬間であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/04 09:12
温泉の効用
私は、趣味の一環として近場の温泉に日帰りで行くのが好きだ。何しろ、犬がいるので家族全員で家を空けることが不可能だ。夫婦どちらかがいなければ世話する人がいなくなってしまう。そういう諸事情から手軽に泊まらずに行ける日帰り温泉ということになる。日帰り温泉でも十分その効果は、実感できるし同じ地区でも宿によって温泉の船室が変わる。冬はもちろんだが、夏もクーラーなどで冷えていることがあるから温泉につかって体を温めることは健康にもよい。女性は特に冷えは大敵だ。ある先生に言わせると万病の元は冷えからだと言い切る... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/25 18:09
息子の嫁の妊娠
先日、息子からメールが来て嫁さんに子供ができたと報告があった。結婚してからちょうど1年目である。私もおばあちゃんになるのかと思い、少し複雑な思いではあるが、命がつながっていく心地よさを感じた。嫁さんは、子宮内膜症で以前から生理中の腹痛がひどく、漢方薬を飲んでいたので、子供たできたという知らせは、彼女の苦労を考えると感慨深いものがある。アメリカで生むらしいので、国籍は2つ取れることになる。ちょうど同じ時期に嫁さんがかわいがっていた犬がなくなったと聞いたので、もしかしたら生まれ変わりかも・・・・・本... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/16 20:23
メンデルスゾーンの結婚行進曲
NHKの番組で、メンデルスゾーンの結婚行進曲の秘話をやっていた。彼は、小さいころから厳格な家に育ち、英才教育を受けて、温かい家庭にあこがれ、ようやく27歳にして理想の女性と結婚し、その7年後にこの曲を完成させている。とても満ち足りた結婚生活だったようで、妹に手紙で「言葉にできないくらい幸せだ。」と書いている。 3男2女に恵まれ、社会的にも楽団員の年金制度を作るなど、天才中の天才とも言えるのではないだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/01 22:19
歌舞伎鑑賞第2弾
この間の歌舞伎が忘れられなくて、また中村一族の歌舞伎を見に行った。源氏と平家の物語と「死んだはずだよお富さん・・・・・・」の歌に出てくる話2本。親戚の女の人といっしょに見に行った。彼女は初めての歌舞伎鑑賞だというので楽しみも倍だ。2人で堪能したが、彼女はまだ子供が小さく、ベビーシッターに子供を預けての外出だった。見に来ている人たちは、ほとんどが中高年や高齢者。今後の歌舞伎を考えると託児所などを劇場内に作って若い世代も観にこれたら、日本の大事な芸能をもっと発展させられるのではないかとつくづく思った... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/19 20:01
あと2日でブログ始めて3年
このブログも始めて、3年にもうすぐなる。3年の月日はたつのが早いというが、私にとってこの3年は長い3年だった。母の死や息子の結婚、私の仕事の立ち上げなどなど。とても今までの3年とは思えない長い3年であった。良くも悪くも自分にとって成長できた3年であった。特に事業を立ち上げて人を使うということの大変さや相手に自分の意思が伝わらないもどかしさなど、改めて自分の非力さを身にしみるものでもあった。でも、人の温かみにも触れられることも多かったようにも思う。吐いたつばは、必ず自分の元に帰ってくる。世の中は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/09 21:03
ゴールデンウィーク
仕事がひと段落して、明日から10連休という方もいると聞く。仕事の合言葉のように、今抱えている仕事をゴールデンウィーク明けに・・・・というのが合言葉のようになる。いつも思うが、日本人は一斉に休みを取るのが好きであると思う。ある意味、お墨付きをもらって堂々と休めるからだ。でも、仕事の合間にチョコチョコ休みを取るほうが私には向いていると思う。どこへ行っても混むし、だいたい同じようなイベントごとをしているところへ行っても面白くないし・・・・友人を招いてお酒を飲みながらゆったりとした時間を過ごしたいと思っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/26 22:43
労わりの文化
息子のブログを見ていたら、面白いのが載っていたのでご紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/19 05:15
テレビ寺子屋
日曜日の朝、ふとつけたテレビの番組で「テレビ寺子屋」という番組をやっていた。出演は「鈴木一光さん」心理学者でもあり教育にも携わるかたである。脳と教育について語っていたが、興味深かったのは、IQが高い子供が必ずしも世の中に出て適応能力が高いとはいえないということ。IQテストは、学習できてしまうシロモノでマニュアルどおりやれば、点数が高くなるように出来ているということ。昨今の新入社員は、自動掃除機といわれているらしい。勝手に掃除はしてくれるが、段差があると動けなくなってしまう。要は、壁にぶち当たると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/14 09:03
レ・ミゼラブル
奥が深い映画だった。昔から、ジャンギャバンの話は、母がよくしていたので子供心にも覚えていた作品だ。また、重い内容をミュウージカル風に仕立てているところが、全体の雰囲気を良くしている。脚本家の腕の見せ所だと思う。人間の罪を宗教的ではあるが、諭している風でもあり、人間の弱さを描いている風でもあり、なかなか見ごたえのある映画だ。評判がよかったので一度見てみたいと思って観たのが正解だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/02 09:20
会社の本質
私が、アメリカへ行って10日間いない間、さぞや社員が困ったかと思いきや「社長がいなくてもどうってことない」て言う顔をされて少しがっかりするとともに「なんてすばらしい社員たち!!!!」って思いました。それより、お土産は・・・・・ってか。さて、新しい門出に向かって自分の居場所探さなくちゃね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/20 10:35
歌舞伎鑑賞
昨日、赤坂のACTシアターで行われている歌舞伎を見に行った。絶対歌舞伎を見るときは着物を着ていこうと思っていたので朝から奮闘して着物で行くことにした。先日亡くなった中村勘九郎の息子たちが父のあとを継ぎ熱演であった。伝統を守る潔さと熱意が伝わってきてとても感激して帰ってきた。今後も応援したい。ちなみに、出し物は、怪談乳房榎というもので現代語でわかりやすくとても楽しめたのでこのブログを見ているかたがたには、お勧めの1作品であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/11 08:55
成人式の手伝い
着物の着付けを習っていた関係で、昨日は成人式の着付けのお手伝いをした。100人あまりの振袖を10人くらいの先生で着付けるのだけれど、最近の若い人は足袋のはき方から教えないといけないことがわかった。そうは聞いていたけどやはり時代の流れを感じた。それと、帯を締めるとき「踏ん張ってください」といっても、踏ん張れない人が大勢いた。踏ん張るとは足を平行にしてひざを曲げて動かないようにすることということがわかっていないのにはびっくりした。昨今の体力不足の若者の実態が明らかになりうーんと考えさせられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/15 17:28
今年は喪中なので
お正月の準備は、いつもより簡素に行って寝正月だった。日ごろの疲れを癒し、忙しいときに考えられないことを考え、いつもはやらないこと(アルバムの整理とか)、もろもろに没頭していた。正月から整理整頓すると気持ちが晴れやかになる。さて、今年はどんな年となるやら・・・・・・・なんだか動きが私の周りで早くなってきたように感じる。その流れに流されすぎないように踏ん張っていこうと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/01/03 20:59
野良猫のちょび2
ちょびが帰ってきた。たぶん野良猫の喧嘩に巻き込まれてしまったのだと思う。腰のところに大きな傷を負っている。でも、無事帰ってきてくれたのでほっとした。野良猫は大変だと思う。怪我している間、どこかで身を潜めていたに違いない。そのまま死ぬかもしれない恐怖と戦っていたのだと思う。あんなに小さくておねだりする声がかわいい猫・・・・・本当に今年一年癒してくれてありがとう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/19 18:11
野良猫のちょび
我が家に毎日のようにやってきていた野良猫のちょびが日曜日を境に来なくなってしまった。土曜日に来たときには、少し疲れていた様子であんな姿は初めてだった。猫でも犬でも死を予感すると遠くへ行ってしまうという。3年くらい家に来ていたので飼い猫のように家に入ったり甘えたりしていたのでとても悲しい。どこかで元気にしているといいのだが・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/12 21:49
寒さ本番今年もあとわずか
今年は、秋が少なくいきなり冬に突入という感じだ。紅葉も一気に進み町は黄色と赤のコントラストがとてもきれいになった。今年もあと残すところ1ヶ月となった。1年を振り返ると色々な出来事があったので今年はとても長く感じた。息子の結婚・母の死・事業の展開・新入社員の入社・長く続いた裁判の決着・なんといろいろなことがあったことか。来年は、どんな年になるのか?どんなときにでも自分に素直にまっすぐに生きて生きたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/28 17:36
日本のジェンダー問題
アメリカに行っている息子のブログを見ていたら、日本人の男女の問題がアメリカ的に考えるととてもおかしいということが見えてきたという。例えば、「おかあさんといっしょ」という番組があったり、「金麦」のビールコマーシャルが堂々と放映されたりというのだ。どういうことかというと、「おかあさんといっしょ」とは、子育てはお母さんがするものというのを前提としている。また、「金麦」のコマーシャルは家で何かを作って待っているのは、女性だという想定だ。逆のことを考えてみると、「おとうさんといっしょ」でも男性が何かを作っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/19 20:47
京都からの来客
主人の親戚は、京都に多い。その客人が、昨日京都からやってきたので銀座の資生堂パーラーで食事をすることになった。資生堂パーラーは、110年の歴史があり昨日はそのイベントにちなんだ料理がふるまわれた。特においしかったのは、ベースとなるフォンドボーが奥深く一つ一つの味に味わいがあった。歴史あるレストランだったので、従業員のしつけもきちんとしていると思ってみていた。(職業柄サービスの質とかをすぐにジャッジしてしまう癖がある。)たぶん、責任者と思われるその人は、新人と思われる人に対してどうかと思う態度をし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/12 21:10
新入社員
わが社に2人目の新人が入社した。21歳で専門学校を出てすぐにアメリカへ短期留学し帰ってきた。とてもしっかりしていて自分をきちんと持っている。内向きな若者が多い中で、今後海外で活躍したいという夢を持っている。やはり、夢を持っている人間は、それなりに違う。何歳になっても夢を追い続け実現に向けてチャレンジすることはとても大事だ。しかも、若さを保つ秘訣でもあると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/21 12:27
東京スカイツリー散策
東京スカイツリーに初めて登って来た。よい天気に恵まれ、東京とはこんなにもごみごみしているのかと改めて感じた。最上階までは行かなかったが、ガラスの板で下の階を見るところもしっかり見て人ごみの中を歩いた。ソラ町も歩いたが、地元でテラスモールを見ているせいか、こんなものかという程度だった。話の種には一度行ってみるのもよい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/08 18:02
墓参り
私の嫁いだ先の墓は、滋賀県大津市にあるので休みを利用して行って来た。前から一度は行かなくてはと思っていたが、なかなか行く機会がなく今回義父も一緒に行くことになっていた。しかし、直前で風邪をこじらせて行けなくなってしまい、私と夫で行くことになった。地方の過疎化は本当に進んでいるのだと実感したが、なぜか人があまりいないその空間にほっとした。横断歩道を歩くにも東京のように人を分けて歩かなくてもいい。時がゆっくり流れる。墓参りをして帰って癒された旅だった。大津から長浜に行き、長浜の城下町をぶらぶらしてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/09 18:22
相手の立場に立つということ
叔母が東京の虎の門病院に入院しているので、昨日お見舞いに行ってきた。叔母は、戦争中1回は結婚したが1週間で夫が戦死した。恩給を貰っているので生活には困っていないが、何せ子供も親類も高齢化している。昨日も退院を何時にするかということでもめていた。叔母も90歳になるので少しボケも入っているし決断する人がいない。担当医の話を聞いてほしいと言われ、少しでも役に立つのならと思って一緒に話を聞いた。今の医学はデータがほとんどがパソコンで管理されているので、画像なども患者にパソコンを見せながら説明する。女医さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/25 06:20
新入社員
そんな時期がきましたね。新しい門出でドキドキしているのでしょう。自分が新入社員だった頃を思い出した。私は大学を卒業した後、教育学科を出ていたので教育関係(幼稚園教諭)に就職した。狭い世界(特に当時は保父さんなど無く女の世界)だったので、私にとっては何とももどかしい気持ちを持っていた事を思う出す。教会の幼稚園だったので、牧師さんが園長先生。その奥さんが主任で後私を含め4人の先生しかいない小さな園だった。狭い世界だと今から思えば、価値観が偏る。色々大勢の人がいる職場と違って、主任先生の価値観がすべて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/09 22:26
息子の引っ越し
アメリカのバージニアで留学中の息子が、引っ越しをすることになったらしい。場所は、今度は反対側のカリフォルニアだそうだ。何でも研究室のボスがヘッドハンティングされて移籍するらしい。以下、息子のブログから・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/31 21:54
アメリカから応援メッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=U0T4G8tEE6w&feature=player_embedded ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/25 21:03
イルディーボのコンサート
私の好きなアーティストが来日している。武道館で開いているコンサートのチケット(追加公演)が手に入った。16日の夜武道館で行うことになっている。2年前にも行ったが、武道館はあまり音響は良くない(もともと武道をするために作ったのだから仕方が無いが)けれど、臨場感はある。彼らのコンサートには女性ファンが大勢聴きに来ている。中には彼らに同行して世界をまわっている追っかけがいるというから驚きだ。今年はどのようなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみだ。聞くところによると、昨年の大震災があったので日本語で「ふ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/15 22:22
春の訪れ
今年は、寒かったせいか桜の開花(特に私が例年行っている河津の桜)など2週間以上も遅れているそうだ。先週開花情報を見たら1分咲きというから、2月にツアーなど企画した旅行会社は大変だ。でも、確実に春は来る。このところ雨が多くなったが、これは木々の芽吹くのに必要な雨だし、季節の変わり目には必ず雨が降る。日本は四季の移り変わりが諸外国に比べてあるので、気持ちの切り替えが出来て素晴らしいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 08:00
久しぶりの同窓会
神奈川女性センターで30代のころ、子供を預けながら簿記とパソコンの操作を習っていた。全過程で6カ月かかるものだったが、子供が小さかったので保育室が完備されているのが魅力で応募したら受かって受講していた。その時のママ友が昨日久しぶりに集まり飲んだ。20年ぶりなのに昨日まで一緒にいたようにすぐに打ち解けた。話は尽きなかったがそれぞれ皆色々あって人生談義に花が咲いた。今度は、皆で旅行に行こうということになりその計画中だ。これから年をとると、にこういう友がいるということはありがたいことだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/19 08:38
ヨーガを続けてみて・・・・・
私は、自分の体の管理にヨーガを1週間に一度の割合で5年ほど続けている。スポーツクラブの中でレッスンがありそれに参加しているのだけれど、その先生の教え方が実に心地いい。どうしても何かする時人間は頑張ってしまうものであるが、その先生の指導法は頑張らなくていいと常にみんなに言い続け、自分の体と向き合う時間にして下さいと言い続けている。だから、疲れたらヨーガマットの上でただ寝転んでいてもいい。その点が自由で自分の体と向き合う時間を作れる。続けていると、代謝が良くなってきたのか少し運動すると汗をかくように... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/17 21:14
アメリカでの息子の生活ぶり
12月のクリスマス休暇で息子が帰ってきてから、アメリカでの生活ぶりが話題になる。特に食生活に関して日本にある調味料とか納豆まで普通のスーパーマーケットで手に入るらしい。でも、値段がこちらより高めなのが難だと言っていたが・・・・ベジタリアンは、特に豆料理をするので良く使うらしい。しかし、スイーツに関しては甘さが半端じゃないらしい。とにかく甘ければ甘いほどおいしいという感覚となんでもフライにしてしまうという話には少々驚いた。サンクスギビングデーのお祭りのときには、バター(日本でつかう普通のバター)に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/07 17:10
新年に思う事
年が明けて、2012年の幕が明けた。何だか今年ほどあらたまった気持ちがしない年は無い。昨年の東日本の震災の後と言う事もあるが、政治も混迷を極めているし、将来が良く見えない。政権交代も期待していたほどむしろきたいを大きく裏切られた感が国民の間に蔓延しているのではないだろうか?消費税増税は、仕方が無いと思わせるのは得意だが、もっとお金の廻り方を明確に国民に示さなければ納得感が無い。超高齢化の中、若者に希望の持てる仕組み作りが何よりだと思うが、こう思っているのは私だけだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/03 17:41
息子の帰国
アメリカに留学している息子が1年ぶりに帰ってきた。1年は早いものでつい最近居たように思われる。アメリカでの生活が身について結構息子の性格には合っているらしい。とにかく日本と違って常識とかしがらみとかそういうものにこだわらない人種なので、お互い違っていて当然だから、他人がどう思おうが気にしない。私の息子は私に似たのかそういうところがもともとあるのでその生活が楽なのかもしれない。英語ずけの生活はどうかと言えば、「自転車に乗るようなものだ」と言っていた。その生活に放り込まれて慣れてしまえばそうなるのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/21 21:23
「儲ける」という事
儲けるとは、稼ぐとか色々な意味があると思うが、以前ある人が儲けるとは、読んで字のごとく信者を増やす事だと言っていた。最近、その意味がだんだんわかるようになってきた。自分や会社社員の信者が増えれば増えるほど儲かるようになってくる。人と人のつながりやこの人になら任せようと思っていただくには、信頼関係を構築するしかない。信頼関係は、作るのは努力と時間がかかるが壊すのは一瞬だ。今後も肝に銘じて行ないの指針にしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 21:02
最近のお年寄り
実際には、ダンスやお稽古ごとなど趣味のサークルに積極的に出ていって、どんどんお友達を作れる人は、 「高齢者」と呼ばれる方の5%にも満たないのではないか。多くの高齢者は、兄弟や家族や友人を亡くし、 家から出かける用事は病院と法事やお悔やみごと。予定がない日は、じっと家に閉じこもっている。そんな方が圧倒的に多いのではないでしょうか。理由は簡単です。まず地方では「足」がない。自動車が運転出来ない方は、地方では「座敷牢」に入れられているに等しい状態です。東京のあるお年寄りはこう言います。「地下鉄の自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/05 18:12
日本国憲法前文お国ことば訳という本
皆さんは、日本国憲法を読んだことがありますか?私も良くは読んだ事が無く試しに前文(正文)を読んでみました。漢字が難しいし、表現もややこしいのですが前文は「憲法の心」だと思いました。其の前文をお国言葉に直した本があるので読んでみたら、なんだかとても近くに感じられて面白かったです。ちなみに私は神奈川県に住んでいますので、神奈川弁で「わたしたちは、世界中のみーんなが恐いようって思ったりおなかがすいてぺこぺこなんだってならないでなかよく、なかよく生きていたいよねって思っているんだよ」てな具合になるらしい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/11/27 21:35
幸福王国ブータン
ブータンの国王夫妻が来日している。確か今日まで日本に滞在しているのではないかと思う。この国の97%の人が自分は幸福だと考えているらしい。国民総幸福指数なる物があって、これだけはものの豊かさだけではなく、どれだけ内なる自分に幸福かと感じる力があるかを問われている。日本は、今年金問題だとか年間3万人を超える自殺者を出している国である。バブルがはじけて人々はものの豊かさがすべてで、そうでないと幸福感を味わえなかったのではないだろうか?身近な所に幸福は沢山ある。元気に毎日仕事が出来ることの喜びとか震災後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/20 21:20
塚原卜伝
NHKの日曜日時代劇ドラマで塚原卜伝の最終回が終わった。結構時代劇は好きな方で見るのだが、今回の話はとても面白かった。剣を極める男の話だが、その中で相手と自分との関係が己に勝つということにつながるというくだりがある。何事も己に負けることによって、自分が負けていく。己に勝つ為には、かなりの修行が必要だ。改めて、自分を振り返り、すぐに負けそうになる自分に喝を入れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/13 21:00
ハングリーであれ・愚かであれ
スティーブ・ジョブズが先日亡くなった。56歳という若さで・・・しかし、彼は偉業を成し遂げ後世の人に多大な業績を残した。まさに光の速さで人生を全うしたに違いない。彼が、スタンフォード大学の卒業式にスピーチした名言が「ハングリーであれ・愚かであれ」という言葉だ。改めてそのスピーチを聞いていたら自然と涙が出た。今更ながら素晴らしい人であったと思う。運を味方につけ、それとともに人々に夢を与え続けた。孫正義氏が彼がもっと生きていたならばきっと気持ちが通じ合えるロボットを作ったに違いないと言っていたが、彼の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/15 21:12
基本に忠実であるという事
何につけても基本に忠実であるということは大切なことである。何がそれを除外する要因になるかと言えば「慣れ」と「傲慢」の2文字に尽きる。人間は、自分の事を過大評価したがる生き物だ。だから、これだけやっているという自負が心を曇らせる。万人にはそれが難しい。いつも謙虚になる事と同時に「いつもこれで良いのか」と自分に問いかけ日々死ぬまで勉強である。人間を動かす原動力になるのは、達成感や人からの感謝の気持ちを伝えられたことなど色々あるが、何よりも自分に忠実であれと言うことではないであろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/23 22:41
人々の幸福感
昨日、NHKのクローズアップ現代で人々の幸福感について語っていた。先日、震災後の女心の変化にについてブログで書いたが、やはり震災を通して人と人の結びつきがいかに大事か、それは誰かが作ってくれるものではなく結局は自分でアクションを起こすしかない。東京都の荒川区が区民の幸福度を指数化しようと考えて取り組んでいる。例えば、子育て中のお母さんに子育て支援施設を増やしたところそれなりに好評ではあったが、皮肉なことにボランティアで行なっている普通の家の子育て支援施設の人気が高かった。それは、やはり人々の絆と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/03 07:34
1年間の成長
久しぶりに息子のブログを見た。彼(長男)はバージニアに留学してからもう少しで1年となる。向こうでの慣れない生活と英語漬けそして異分野研究に取り組んでいた。そして、1年目の集大成としての試験が先日あったと書かれていた。自分の研究テーマに沿って教授陣が次から次に質問をしてくる。それに対して曖昧な返事は許されない世界であるから、きちんと答えたのであろう。難関をくぐり抜け2年目と突入する。親のよく目といわれる部分もあると思うがよくやっていると思う。一度も弱音を吐いて日本に戻ってきたいとか言ったことがなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/30 15:34
新学期の始まり
学校が始まり、昨日は公立小学校の入学式だったようだ。何でも、始まりと終わりがある。春は出会いと別れの季節でもある。出会いとは不思議なもので自分の気もちようで、その時の自分の状況と出会う人が決まってくるようになるような気がする。今年の1月クロアチアに行ったが、その時にはじめに声をかけられた人と7日間一緒に行動した。とても気が合って楽しい旅になった。例えばその時に私が恐い顔をしていたとしたらその人は声をかけてこなかっただろう。いつも笑顔でいなさいとは言わないが、やはり大事な部分であろう。運命とはそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/06 09:10
地震災害
この度の地震は、過去最大級の規模で想定外の事が多く起きている。特に津波の威力には唖然とさせられる。自然災害の恐ろしさを感じると共に人間はやはり自然の前には敬虔でなければならないことが解る。被災された東北地方の方々不安な日々を送られていると思うが出来る限りの事をして差し上げたい。中国が今回の地震で日本人の災害が起きた時の秩序の良さを新聞で称賛していたが、当たり前と思っていたことが海外の人にとっては称賛に値するらしい。例えば被災地の避難場所にゴミが落ちていないとか順番をちゃんと待つとか・・・・・・中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/15 08:05
大局観とは・・・・
最近羽生善治さんの大局観という本を読んだ。前にも決断力という本を読んだが、どの本も誠実な羽生さんの人柄が表れていて、読んでいて気持ちがいい。自分の事を書くのはとても難しいところで、自慢話になる場合や押し付けがましい場合など様々だ。でもさすがに羽生さんのはさわやかだ。なぜかと考えたら、一つわかったことがある。それは論理的だが、堅苦しくないし、なるほどと思うつぼを押さえている。何かを極めた人はいつも謙虚だ。自分もそうありたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/03 17:51

トップへ | みんなの「感想」ブログ

医療 ON×OFF 感想のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる