法事で奈良に

私的な用事で奈良、京都に行ってきました。地方には、その土地ならではの良いものがたくさんあります。
かなりレベルの高いものが多いように感じます。しかし、それを発信する方法が都会に比べて弱いため、なかなか伝わっていないようです。
京都や奈良は、歴史がある町であると同時に京に都があったおかげで、洗練された良いもの(食べ物や使う道具など)が多く残っています。和菓子は特にレベルが高いと思われます。

職人さんが一つ一つ手作りで仕上げているので、量産できないのもあります。

でも、ものがあふれている世の中で、これから量産が果たして必要でしょうか?

今までの価値観は、今までのものとしてこれからは日本が成熟していく過程でよいものをその価値の値段で購入していく必要があるように思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック